食べ物で体臭は改善できるのか?

食べ過ぎると体臭をキツくしてしまう食べ物はいろいろ存在します。

例えば肉類。肉は消化に何時間もかかり、その間ずっと体の中に停滞することになります。これにより、体内で肉が腐ることでも臭いを発生させますし、それが悪玉菌のエサになることで臭いガスを発生させてしまいます。この臭いは腸内にとどまらず、皮脂腺から体外へも出てしまいますので、体臭の原因となるんです。キツイ臭いの原因は汗だと思われがちですが決してそれだけではなく、食べたものが原因で臭いの原因物質が体内をめぐるからなんです。血液や汗、息を通してその臭い物質は体の外に排出され、相対する人に臭いと不快感を与えてしまうのです。肉類を食べる時はできるだけ白身の肉を食べるほうが体臭がキツくなりません。鶏のササミなどですね。逆に豚肉や牛肉といった赤みの肉類は体臭を悪化させますので注意しましょう。

他に代表的な食べ物は、トルメチルアミンを生成する食べ物。あまり聞きなれない単語ですが、魚に多く含まれているコリン・レシチンという物質がトルメチルアミンという物質へと分解されると臭いを発生させます。魚に含まれる物質だけあって、その臭いも魚のような生臭い臭いになります。魚の脂に気をつけたいのですが、それ以外にも卵や豆類、魚介類全般も食べ過ぎには注意すべき食べ物です。よく、体臭を改善するには肉類中心の食事を避ければいいといった理論がありますが、別の食材であっても偏って摂取しすぎるとこのように体臭の原因となってしまうのです。

あとは、食べてすぐ臭う食べ物類です。いわゆるニンニクやネギ類、香りが強い野菜も体臭を悪化させる引き金になります。見逃しがちですが、香り高い香辛料をふんだんに使ったカレーも体臭をキツくさせます。これらの食べ物も、前述した食べ物と同様に、食べたから息が臭くなるというような単純なものではなく、体内に取り込まれた臭いの原因物質が体中を通って体外に出され、その時初めて体臭として臭い状態になるのです。もちろんこれらの食べ物は食後すぐに息をキツイ臭いにしてしまいますが、その後も体の中から臭いを発生させるものであるということは覚えておくべきですね。

少し挙げただけでもこれだけの体臭の原因となる食べ物が出てきました。しかし、体臭を改善できる食べ物はなかなかすぐには思いつかないのではないでしょうか?こちらのサイトでは、食べるだけで体臭を改善してくれる食材を取り上げて紹介しています。体臭を消すためのコラムも時々書いていますので、臭いの気になる人は参考になさって下さいね。

デオドラント製品を使って一時的に臭いを消すのは簡単ですが、それではあくまでも対処療法ですから臭いの原因の根本解決にはなっていません。体臭が気になるのであれば、香りや化学物質でごまかすのではなく、どうすれば臭わない体質に改善できるのかを考えていくべきなのです。

ワキガ 治療 自宅